前へ
次へ

私が行っている中国語の学習法

私は仕事上、中国の現地企業とやり取りをする機会があります。これまでは日本語ができるスタッフを介したり、英語でコミュニケーションを取ったりしていましたが、微妙なニュアンスが伝わらないことが何度かありました。しかし、取引をする上で相手方との共通認識を持つことは非常に重要なことなので、現地語でやり取りできるよう、中国語の学習を始めることにしたのです。こうして中国語の学習を始めてから1年ほど経過しましたが、ビジネスレベルの読み書きは問題なくできるようになりました。やはり私たち日本人は漢字を知っているので、中国語の基本的な文法や構文を覚えていけば、読み書きは比較的すんなりとマスターできると思います。一方、リスニングとスピーキングはとても難しく、ちょっとした発音の違いを聞き分けて、自分も発するという作業に苦戦しているところです。今はリスニングとスピーキングのスキルを強化するため、仕事帰りにスクールへ通っています。

Page Top